loading

観光振興

三重県 伊勢市

伊勢ならではの新しい旅のカタチ「常若婚」

  • PROMOTION
  • EVENT
  • TOURISM

地元では当たり前のことも、ヒトを惹きつける観光資源に―。
新たな価値を創出し、新観光プログラムを協働開発。

©伊勢志摩観光コンベンション機構

取り組み背景・地域の課題

豊富な海や山の幸などの食材や、伊勢神宮をはじめとする数多くの観光資源がある三重県。2016年のサミット開催地(伊勢・志摩)に選ばれ、世界中から注目されたことを機に、まだまだ知られていない地域資源を世界に発信することや、持続的な発展に向けたポスト伊勢志摩サミット施策を模索していました。

取り組み

三重県の伊勢志摩サミットの成功、そして三重の食と観光を応援しようと、2015年末に三重県と連携協定を締結。三重県と一緒に取り組んでいくなかで、JALは、伊勢神宮で20年に一度行われる「式年遷宮」を象徴する神宮の精神、「常に若く瑞々しいままに永遠に」の意味を持つ「常若(とこわか)」の存在を知り、伊勢の地で永年にわたり育まれている「常若」の精神こそが、この地域に根差す三重県のタカラだと着目しました。

そこで、伊勢市、三重県と協働し、「常若」という地域資源を生かしたプログラム開発に着手。伊勢ならではの新たな旅のカタチとなる新観光プログラム「常若婚」を開発しました。”いつもありがとう、これからもよろしく。” をコンセプトに、人生の節目に大切なパートナーと伊勢を訪れ、互いに感謝し、共に新たな一歩を踏み出す「常若婚」。二人の絆を深める特別なプログラムは、交通機関を問わない伊勢の着地型観光として2017年3月に商品化を実現しました。

地元メディア、機内誌やビデオの機内放映などのJAL媒体を活用したプロモーションを展開し、2017年3月からジャルパックの旅行商品として発売を開始。JAL中部支社を中心に、三重県、伊勢市、伊勢に暮らす地域の人たちと協働し、ここでしか体験できないプログラムの浸透、伊勢のファンづくりに向けた活動など、継続的な観光振興を目指しています。

プレスリリース(PDFファイル 約480KB)

JALダイナミックパッケージ(ツアープラン)「常若婚」

体験したご夫婦からは、「感動的だった」「感謝の気持ちの大切さを痛感した」など好評を得ると共に、 地元では地域の良さを再発見し、常若の精神を見つめ直す機会にもなりました。地域住民も協働して実施することで、地域限定旅行業の推進やおもてなし勉強会の定期的開催など、地域一体となった自主的活動につながっています。

  • 三重県鈴木知事ご夫妻、伊勢市鈴木市長ご夫妻、JAL会長(当時)大西夫妻が体験プロモーションに参加。(2017年4月)体験レポート
地域の声

人生の節目に、大切なパートナーと訪れていただける場所でありたい。そんな想いから、「常若婚」はスタートしました。はるか昔から参宮のお客さまをお迎えしてきた伊勢で、新しい旅の形を提案するという試みは、私たちにとっても大きなチャレンジでしたが、これが実現できたのは、日本航空のご担当者様が地元に飛び込んでいただき、みんなで汗をかいてきたからに他なりません。「常若婚」を伊勢の旅の新しいスタンダードへ。私たちのチャレンジは続きます。JALさん「いつもありがとう、これからもよろしく。」
(伊勢市 産業観光部観光担当理事 須崎充博)

福岡県 福智町

ワインとフレンチと音楽と―。
特別列車「シュガーロード号」

  • PROMOTION
  • EVENT

小さな町の大きな魅力が人を惹きつける―。
地域と共に、さまざまなカタチでまちおこし!

取り組み背景・地域の課題

福智山の裾野に広がる、上野焼(あがのやき)と童謡の里の福智町は、2006年に旧赤池町・金田町・方城町が合併して誕生。かつては炭都筑豊の一翼を担っていましたが、閉山や時代の変遷で衰退し、財政も悪化。福智町として財政基盤を建て直し、生まれ変わったこの町は、観光振興や教育をはじめとする人の活力を生かしたまちづくりを目指していました。

取り組み

財政基盤を立て直し、子供たちや地域に暮らす人たちの笑顔のために取り組む福智町を応援しようと、2012年から当時のJAL北九州・山口支店を中心に、列車内での航空教室やふるさと納税返礼品の連携など、福智町とさまざまな領域で協働。”子供たちに沖縄の綺麗な海を見せてあげたい!”-そんな願いを叶えようと、沖縄修学旅行も実現してきました。

2018年7月、JALと福智町は連携協定を締結し、提携後のまちおこし第1弾として、平成筑豊鉄道の列車を利用した特別列車「シュガーロード号」イベントを開催(9月22日)。列車内をレストランに改装し、JAL国際線ファーストクラスのセレクションワインと共に、福智町ほか福岡県産食材によるフレンチ料理を、国指定伝統工芸品「上野焼」の器でいただきながら音楽も楽しめる1日限りのイベント列車を、自治体と航空会社と鉄道との協働企画で実現しました。毎年開催している福智スイーツ大茶会への特別協賛など、JAL九州支社を中心に、福智町のつながり人口増に向けた持続的なまちづくりに取り組んでいます。

「シュガーロード号」イベントは、定員を大幅に上回る応募があり、抽選により、県内外から合せて10組20名が参加し、特別列車を楽しみました。また、これまでの取り組みのひとつ、JALによる「ふるさと納税返礼品」の連携や支援は、福智町が2017年度福岡県内第1位の寄附実績を残すことにつながっており、2012年からのさまざまな取り組みにより、福智町に暮らす人たちとJALとの深い交流が生まれ、まちの活性化に生かされています。

福智町とJALの歩み(PDFファイル 約5.34MB)

地域の声

これまで、日本航空様のまちづくりへのサポートにより、多くの企画が実現しました。職員の方々の高いスキルが町職員の刺激になり、相乗効果を生んでいます。特に、特別協賛頂いている「福智スイーツ大茶会」は町の人口を上回る3万人以上の来場を誇り、今では九州最大規模のスイーツイベントとして地域ブランド化の核を担っています。今後も福智町だからこそできるスピード感ある政策を駆使し、日本航空様と手を携え、存在感のあるまちづくりを目指していきます。(福智町長 嶋野勝)

福島県 福島市(飯坂町)

東北の秋を走ろう!
「湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン」

  • PROMOTION
  • EVENT

名湯&絶景マラソンと福島県産くだもので、福島への再訪機会を創出

取り組み背景・地域の課題

東北有数の名湯・飯坂温泉があり、”いで湯とくだものの里”で知られる福島市飯坂町は、観光ニーズの変化などにより観光客が減少。交流人口拡大に向け、自然景観を生かした観光プログラムの提供やスポーツイベントの開催など、温泉街や商店街などの地元住民が中心となり、町の活性化を目指していました。

取り組み

東北復興を応援するJALは、地元住民や高校生ボランティアの声援がランナーを支える「湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン」に2017年大会から特別協賛し、まちの活性化を応援しています。協賛開始の2017年は、元JALグランドサービス陸上部員がマラソンのコースを視察し、コースや運営をアドバイス。大会当日のJALブースでは、機内で提供している飴やジュースを振る舞い、声援を送りながら大会を盛り上げています。
大会の抽選賞品には、福島県の「くだものの木オーナー制度」による「リンゴの木のオーナー権(1年間)」を提供。これは、地元果樹園が育成管理するくだものの木のオーナーとなり、自身で受粉や摘果、収穫を体験できる権利で、当選者にはJALのオリジナル木製プレートを贈呈し、自分の名前を書いたプレートをかけたリンゴの木で、実が成るのを待つ楽しみ、収穫の楽しみを体験していただけます。
秋の絶景、名湯、福島県産のおいしい食をスポーツで楽しみ、オーナーとなったくだものの木で再び福島を訪れる機会をつくるなど、飯坂町の交流人口拡大に向けて取り組んでいます。

湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン

フルマラソン/ハーフマラソン/10Kmマラソン/ウォーキング
〔エントリー数(全種計)〕
2017年大会 1,086人名(2016年 489名)
2018年大会 894名

  • 2018年大会「くだものの木オーナー権」当選者3名と安斎果樹園の安斎様
地域の声

日本航空様に特別協賛をいただいた2017年大会の「茂庭っ湖マラソン」で当選された5名のランナーの方に、リンゴの木のオーナーとなっていただきました。そして、今年(2018年)、そのオーナーの方はお友達やご親戚を連れて当果樹園にお越しになり、大勢で収穫を楽しんでいただくことができました。
このように日本航空様のご支援により、ランナーの方をはじめ多くの方がこの飯坂町に来て、新たな交流が生まれ、丹精込めて生産したリンゴを味わっていただき、飯坂の果物を応援していただけることが大きな喜びです。
(飯坂町 安斎果樹園 安斎忠作)

三重県 伊賀市

伊賀の山を走ろう!
「忍者トレイルランニングレース」

  • PROMOTION
  • EVENT
  • INBOUND

人気の地域資源と人気スポーツの融合で、インバウンド需要を掘り起こす

取り組み背景・地域の課題

 謎めいた存在で人々を惹きつけてやまない”忍者”で知られる伊賀市。2017年2月22日に市政として「忍者市」を宣言した伊賀市では、継続的な発展のため「”観光”を軸とした、まち全体のブランド化」をシティプロモーションの重点取り組みの1つに定め、地域資源の魅力向上、来訪者の増加などを課題としていました。

取り組み

「伊賀の人たちと一緒に考え、行動し、地域のタカラ”忍者”で地元を活性化したい!」。地域の熱い想いに共感したJALは、かつて忍者が修行したであろう伊賀の山を舞台に繰り広げられるスポーツイベント「NINJA TRAIL RUNNING RACE」に2017年より特別協賛。三重県、伊賀市、三重大学との産学官民連携による「「忍びの里-伊賀」創生プロジェクト」(2017年8月~)によるもので、2018年大会では地域ボランティアと共に企画・運営を行い、エントリー数も伸ばし、交流人口増に貢献しています。外国人にも人気の高い「忍者」という地域資源を生かし、「忍者=伊賀」の想起確立と、インバウンド需要の掘り起こしによる、さらなる交流人口増に向け、JAL中部支社を中心にプロジェクトを通じて継続的な観光振興に取り組んでいます。

「忍びの里-伊賀」創生プロジェクト

NINJA TRAIL RUNNING RACE
〔エントリー数(全種計)〕
第1回大会(2017年11月)674名
第2回大会(2018年11月)1,001名

地域の声

2016年にプレ大会を開催しましたが、地域発信のイベントであり、情報発信能力が課題でした。日本航空様には2017年からご協賛いただいています。私たちだけでは成しえなかった情報発信のソリューションを提案いただき多くの方に当レースを知っていただきました。認知していただくことが地域のブランディングにとって最も重要な要素と考えており、その効果は絶大です。今後もインバウンドの獲得のためご協力いただければと存じます。(忍者トレイルランニングレース実行委員長 恵川裕行)

山口県 長門市

絶景の84.39キロ完走に挑戦!
「JAL向津具ダブルマラソン」

  • PROMOTION
  • EVENT

海外が認めたこの地域ならではの観光資源をパワーアップ!
新たな価値を提供

元乃隅稲成神社

取り組み背景・地域の課題

山口県北部の長門市にある「元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)」は、123基の朱色の鳥居が100m以上にわたって並び、その景色はまさに圧巻。2015年には米国CNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれています。これを機に、この絶景は国内でも広く知られるようになり、観光客も徐々に増えていましたが、長門市ではブームの一過性に終わらせないよう、持続的な交流人口増にむけた施策を模索していました。

取り組み

絶景を体感しようと訪れた観光客が少しでも長く滞在したくなるような、この土地ならではの観光施策を創ろうと、地域の発展を願う地元の人たちと共に、JALでは山口支店が中心となって地域の目玉となるイベント開発に向けて協働。2017年、向津具半島の美しい絶景とアップダウンの地の利を生かした、JAL特別協賛の「JAL向津具ダブルマラソン」を実現しました。

大会名のとおり、フルマラソンの2倍を走るダブルフルコースを設定。フルマラソンを経験したベテランランナーには、起伏の激しいコースに挑戦、走破する喜びを体験してもらえる魅力的なコースです。シングルフルマラソンや小学生以上から参加可能な棚田ウォークも設定されており、子どもから大人までが楽しめるこのスポーツイベントには県外からも多くの人がエントリーし、JALグループスタッフ約100名もボランティアとして参加。前夜祭の交流会では、JALグループスタッフを中心に「紙ヒコーキ大会」を開催するなど、地元とひとつになって大会を盛り上げています。
地域のタカラとなる観光資源の認知度向上を図ると共に、絶景、スポーツ、大会後の温泉、地元産の美味しい食で地域の良さを知ってもらい、また来たくなるスポーツイベントに育て、交流人口の拡大、持続的な観光振興を目指しています。

ダブルフルマラソン(84.39km)/シングルフルマラソン(42.195km)/棚田ウォーク(約30km)
〔エントリー数(全種計)〕
第1回大会(2017年6月)950名
第2回大会(2018年6月)1,350名

地域の声

本大会は、風向明媚な自然と「むかつく」ほどの激坂、日本航空様のスタッフの方々をはじめとするボランティアの温かいおもてなしにより、参加者からご好評をいただいております。歴史の浅い大会ではございますが、ダブルマラソンと言えば「むかつく」と呼ばれる、全国的な大会に育てて参りたいと考えておりますので、ぜひJAL便をご利用のうえ長門市にお越しいただき、大会を通して本市の魅力を自然と食の双方でご堪能いただければと存じます。(長門市長 大西倉雄)

北海道 釧路市

「観光立国ショーケース」実現を目指して―。
「釧路シンポジウム」

  • EVENT
  • INBOUND

訪日外国人旅行者を地方に呼び込むためには―。
地域の一体感醸成に向けたシンポジウム開催

デービッド・アトキンソン氏(小西美術工芸社 社長)

取り組み背景・地域の課題

訪日外国人旅行者の地方誘致のモデルケースを形成する、政府の「観光立国ショーケース」に選定されている釧路市は、阿寒湖温泉を中心とした観光戦略2020年目標を掲げ、観光資源の磨き上げ、受け入れ環境の整備、海外への情報発信など、目標達成に向けて、地域住民の一人ひとりが参画して活動していくまちづくりを目指していました。

取り組み

訪日外国人旅行者の地方誘致に向け、航空輸送を担うJALは、ひがし北海道の観光振興を応援すると共に、釧路市の「観光立国ショーケース」成功の応援として、釧路市とJALの共催で、有識者たちによるシンポジウムを開催。
第1回は、釧路市と東京の2拠点をつないだ意見交換会。6年ぶりに釧路市店の営業を再開した2017年5月には、観光振興への提言を続けるデービッド・アトキンソン氏の現地視察を伴った、2回目のシンポジウムを釧路市で開催し、アトキンソン氏による基調講演、釧路市蝦名市長ほか地元有識者を交えたパネルディスカッションの2部構成で実施しました。

〔シンポジウムレポート〕

2017年5月

2016年7月

釧路市で開催したシンポジウムには、地元の観光関係者など約250名が参加。地方におけるインバウンド戦略など、アトキンソン氏の基調講演や現地視察による指摘は、参加者に多くの示唆を与え、終了後のアンケートでは6割強が「まちづくりへの参加意識」を強め、シンポジウムの満足度は9割を超えました。「観光立国ショーケース」の中心となる阿寒湖温泉では、地域一丸となって取り組むための基盤構築として、観光人財育成のワークショップ開催にもつながっています。

阿寒湖パロコロスタイル

地域の声

本シンポジウムを通じて、「地域一丸で取り組むことの重要性」を地域住民の皆さまと共に再確認することができました。今後も、釧路の食・大自然・アイヌ文化をはじめとした魅力を世界へ発信するため、観光産業関係事業者と連携して、釧路市が多くの訪日外国人旅行者に選ばれるために世界第一級の観光地域づくりを進めていきたいと思います。日本航空様ともこれまでさまざまな観光施策に取り組んでおり、今後も日本と世界を結ぶ航空会社として「新JAPAN PROJECT」の推進にご尽力いただきたいと思います。
(釧路市産業振興部 観光振興担当部長 吉田英樹)

鹿児島県・沖縄県

奄美・沖縄の多様な生物を育む自然環境を守り、観光需要の創出へ!

  • PROMOTION
  • EVENT
  • TOURISM

環境と観光の共存による活性化を目指し、
奄美・沖縄の「世界自然遺産登録」を応援

取り組み背景・地域の課題

鹿児島県奄美群島の一部、沖縄県の一部には、絶滅危惧種のアマミノクロウサギやイリオモテヤマネコ、ヤンバルクイナなど数多くの固有種が生息し、生物多様性保全のうえで国際的にも重要な地域となっています。国(環境省、林野庁)および地元の自治体・企業は、この地域一体の自然環境保全に取り組み、「世界自然遺産登録」を目指すと共に、観光による永続的な地域経済の発展に取り組んでいます。環境省の環境指針行動計画「国連生物多様性の10年」に協働するJALグループは、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の「世界自然遺産登録」を応援し、島々の活性化に向けた活動を2016年より開始
しました。

特別デザイン機「世界自然遺産号」 上段・JTA/下段・RAC
2019年8月31日~2020年2月(予定)

取り組み

それぞれの地域において、鹿児島支店、沖縄支店、およびJALグループ航空会社(JAC:日本エアコミューター/JTA:日本トランスオーシャン航空/RAC:琉球エアーコミューター)を中心に地元と協働し、さまざまな活動を実施しています。
「世界自然遺産登録」を目指す機運醸成に向け、「目指せ!!奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島 世界自然遺産」統一ロゴを使用したさまざまな発信をはじめ、地元啓発活動として、「親子自然教室」や「青少年シンポジウム」などを開催。環境保全活動では、ビーチクリーンや外来種駆除作業、ロードキル防止看板の設置などを実施しています。プロモーション活動では、動画を制作し、機内上映やホームページで公開。機内誌などのJALグループ媒体や機体を活用した世界自然遺産登録応援のメッセージを発信しました。
2019年8月31日からは、JTA、RACにおいて特別デザイン機「世界自然遺産号」の運航を開始。機体には、沖縄県の世界自然遺産普及啓発事業の一環として開催された小中学生対象図画コンクールの最優秀賞作品が描かれています。
交流人口拡大施策では、音楽家・宮沢和史氏プロデュースの着地型旅行商品を企画・開発し、2016年11月の第1弾「奄美の旅」を皮切りに、第5弾「南大東島の旅」(2019年3月)まで実施。JACでは奄美大島−徳之島−沖永良部−沖縄本島の島をつなぐ「奄美群島アイランドホッピングルート」を開設し(2018年7月1日)、ジャルパック商品「JAL・JACで行く奄美大島・徳之島+那覇」などで島々の魅力を堪能できる旅をご案内しています。

また、JALグループは他企業と連携し、世界自然遺産に関する普及啓発、希少種および自然環境の保護、密猟・密輸対策などのさまざまな課題の解決に向け、民間主導の「世界自然遺産推進共同体」を発足。自然環境の活用を通じた地域貢献・地域振興にも取り組み、沖縄および奄美の環境保全と地域振興の循環モデルの確立を目指しています。
JALグループ一丸となって2020年夏の「世界自然遺産登録」を応援すると共に、さまざまな活動を通じて永続的な奄美・沖縄の活性化に向けて継続的に取り組んでいます。(2019年9月現)

  • 3回めとなる「ビーチクリーンアップ」
    (沖縄県東村・平良海岸 2018年3月)

  • 大型サイン設置(沖縄本島北部3ヵ所 2017年10月)

  • やんばるの希少生物保護「ロードキル防止看板」
    (本島の大宜味村、国頭村、東村の標識が無い事故多発場所に設置)

  • 「お散歩トートバッグ」JTA/RAC/JAC機内販売(2017年4~8月)
    ※売上金の一部を環境保全活動に寄付

  • 「夏休み親子自然教室」(奄美大島 2017年8月)

  • 機体に統一ロゴをデカール(JTA/RAC/JAL/JAIR/JAC)
    2016年5月から順次(一部のJTA機、JAC機のみ継続中 ※2019.4現)