loading

観光振興

三重県 伊賀市

伊賀の山を走ろう!
「忍者トレイルランニングレース」

  • PROMOTION
  • EVENT
  • INBOUND

人気の地域資源と人気スポーツの融合で、インバウンド需要を掘り起こす

取り組み背景・地域の課題

 謎めいた存在で人々を惹きつけてやまない”忍者”で知られる伊賀市。2017年2月22日に市政として「忍者市」を宣言した伊賀市では、継続的な発展のため「”観光”を軸とした、まち全体のブランド化」をシティプロモーションの重点取り組みの1つに定め、地域資源の魅力向上、来訪者の増加などを課題としていました。

取り組み

「伊賀の人たちと一緒に考え、行動し、地域のタカラ”忍者”で地元を活性化したい!」。地域の熱い想いに共感したJALは、かつて忍者が修行したであろう伊賀の山を舞台に繰り広げられるスポーツイベント「NINJA TRAIL RUNNING RACE」に2017年より特別協賛。三重県、伊賀市、三重大学との産学官民連携による「「忍びの里-伊賀」創生プロジェクト」(2017年8月~)によるもので、2018年大会では地域ボランティアと共に企画・運営を行い、エントリー数も伸ばし、交流人口増に貢献しています。外国人にも人気の高い「忍者」という地域資源を生かし、「忍者=伊賀」の想起確立と、インバウンド需要の掘り起こしによる、さらなる交流人口増に向け、JAL中部支社を中心にプロジェクトを通じて継続的な観光振興に取り組んでいます。

「忍びの里-伊賀」創生プロジェクト

NINJA TRAIL RUNNING RACE
〔エントリー数(全種計)〕
第1回大会(2017年11月)674名
第2回大会(2018年11月)1,001名

地域の声

2016年にプレ大会を開催しましたが、地域発信のイベントであり、情報発信能力が課題でした。日本航空様には2017年からご協賛いただいています。私たちだけでは成しえなかった情報発信のソリューションを提案いただき多くの方に当レースを知っていただきました。認知していただくことが地域のブランディングにとって最も重要な要素と考えており、その効果は絶大です。今後もインバウンドの獲得のためご協力いただければと存じます。(忍者トレイルランニングレース実行委員長 恵川裕行)

北海道 釧路市

「観光立国ショーケース」実現を目指して―。
「釧路シンポジウム」

  • EVENT
  • INBOUND

訪日外国人旅行者を地方に呼び込むためには―。
地域の一体感醸成に向けたシンポジウム開催

デービッド・アトキンソン氏(小西美術工芸社 社長)

取り組み背景・地域の課題

訪日外国人旅行者の地方誘致のモデルケースを形成する、政府の「観光立国ショーケース」に選定されている釧路市は、阿寒湖温泉を中心とした観光戦略2020年目標を掲げ、観光資源の磨き上げ、受け入れ環境の整備、海外への情報発信など、目標達成に向けて、地域住民の一人ひとりが参画して活動していくまちづくりを目指していました。

取り組み

訪日外国人旅行者の地方誘致に向け、航空輸送を担うJALは、ひがし北海道の観光振興を応援すると共に、釧路市の「観光立国ショーケース」成功の応援として、釧路市とJALの共催で、有識者たちによるシンポジウムを開催。
第1回は、釧路市と東京の2拠点をつないだ意見交換会。6年ぶりに釧路市店の営業を再開した2017年5月には、観光振興への提言を続けるデービッド・アトキンソン氏の現地視察を伴った、2回目のシンポジウムを釧路市で開催し、アトキンソン氏による基調講演、釧路市蝦名市長ほか地元有識者を交えたパネルディスカッションの2部構成で実施しました。

〔シンポジウムレポート〕

2017年5月

2016年7月

釧路市で開催したシンポジウムには、地元の観光関係者など約250名が参加。地方におけるインバウンド戦略など、アトキンソン氏の基調講演や現地視察による指摘は、参加者に多くの示唆を与え、終了後のアンケートでは6割強が「まちづくりへの参加意識」を強め、シンポジウムの満足度は9割を超えました。「観光立国ショーケース」の中心となる阿寒湖温泉では、地域一丸となって取り組むための基盤構築として、観光人財育成のワークショップ開催にもつながっています。

阿寒湖パロコロスタイル

地域の声

本シンポジウムを通じて、「地域一丸で取り組むことの重要性」を地域住民の皆さまと共に再確認することができました。今後も、釧路の食・大自然・アイヌ文化をはじめとした魅力を世界へ発信するため、観光産業関係事業者と連携して、釧路市が多くの訪日外国人旅行者に選ばれるために世界第一級の観光地域づくりを進めていきたいと思います。日本航空様ともこれまでさまざまな観光施策に取り組んでおり、今後も日本と世界を結ぶ航空会社として「新JAPAN PROJECT」の推進にご尽力いただきたいと思います。
(釧路市産業振興部 観光振興担当部長 吉田英樹)

九州全域

剣道王国・九州で武士の魂を!―「剣道クリニック」

  • INBOUND

九州インバウンドの需要拡大に向け、
武士武道をテーマに「侍スピリッツ体験」

福岡教育大学にて

鹿屋体育大学にて

取り組み背景・地域の課題

毎年外国人入国者数が過去最高を記録する九州*。持続的な振興に向け、豊富な観光資源の磨き上げとともに、世界に誇れる九州ブランドの確立を課題のひとつとし、九州ならではの新たな施策を模索していました。
スポーツツーリズムが推進される日本において、実は、九州は剣道王国と言っても過言ではなく、日本一の剣士を決める全国大会や世界大会では九州出身剣士が優勝者に名を連ねています。ここに着目したJALは、「剣道王国」が九州インバウンドの武器になると考え、検討を開始しました。

*2018年末で7年連続記録更新(出所元:九州運輸局)

取り組み

外国人旅行者にニーズの高い「日本の文化体験」では、サムライ魂にも高い関心が寄せられています。九州には全国の道場数の約5分の1が在り**、幼少期から九州剣士を育む環境にあることから、九州インバウンドの需要拡大を目的に、九州観光推進機構と共に武士武道をテーマとしたプロジェクトを発足しました(「SAMURAI-KYUSHU」プロジェクト)。
トライアルとして、大学剣道ではトップレベルの鹿屋体育大学(鹿児島県鹿屋市)で外国人剣士を対象とした体験クリニックを実施(2018年11月)。剣道部員たちとの合同稽古や座学を通じたリアルクリニックに参加者の満足度も高く、手応えを感じました。この経験をもとに、海外に暮らす外国人剣士を対象とした着地型体験プログラム「剣道クリニック」を企画。福岡教育大学(福岡県宗像市)の剣道部師範であり、国内でも数少ない剣道最高位の範士である角正武8段と、同大学剣道部部長・本多壮太郎7段教士の賛同を得られ、ふたりが直接指導するクリニックが実現しました。参加対象者は高段者の外国人剣士。同大学剣道部員たちとの合同稽古、剣道形の指導や先生との手合わせなど、剣道王国・九州ならではの4日間のプログラムです(2019年4月実施)。
剣士の力を育む環境の九州で、技術面の向上だけでなく、剣道の論理、精神を学ぶ機会を創ることで、九州の武士武道を核とした剣道ツーリズムの推進に取り組んでいます。

**出所元:全日本剣道道場連盟

今回はフランス、香港、インドネシア、フィリピンから6名の剣士が参加。クリニック終了後には、「初めての日本で、最高の二人の先生から直接指導を受け、想像以上の素晴らしい経験をした」「礼儀正しい学生たちと一緒に、剣道だけでなく、日本の文化や多くのことを学べた」などの感想が寄せられました。昇段試験を控えていた参加者のひとりは最後の仕上げをこのクリニックで行い、これまでの修行の努力を実らせ、見事7段昇段試験に合格。また、この体験プログラムでは大学の学生寮を宿泊先としたため、大学生剣士と外国人剣士とのコミュニケーションも生まれ、お互いの文化交流にもつながりました。

  • 福岡教育大学にて

  • 福岡教育大学にて

  • 鹿屋体育大学にて

地域の声

私が勤務する福岡教育大学で行われた「剣道クリニック」では、外国人剣士の方々をお迎えし、4日間にわたり学生との稽古、試合、指導陣との形稽古、基本稽古、指導稽古などを行いました。剣理一致の修行を目指して、少しの動きも、一言も漏らさず吸収しようとする剣士の方々の真剣さに胸を打たれました。同じような志を持ち、稽古や指導法などについて学びたいと希望する外国人剣士の方がいらっしゃれば、ぜひまたご協力させていただきたいと思います。(福岡教育大学准教授/剣道部部長(教士7段)本多壮太郎)

国内各地

訪日外国人旅行者の受入環境整備をサポート

  • INBOUND

JAL外国人スタッフが、旅行者目線で地域課題の抽出や
新たな魅力を発見し、地域へフィードバック

ベトナム基地所属スタッフの視察(北海道北見市)

青森県内4地域の視察報告会(青森県県庁にて)

取り組み背景・地域の課題

訪日外国人旅行者4,000万人時代も間近となった日本において、各地におけるインバウンド促進の取り組みはますます重要となっています。なかでもコミュニケーションにおいては、「旅マエ」の情報収集につながる情報発進や、「旅ナカ」でのソフト・ハード面における対応など、外国人旅行者が安心で快適な滞在ができる環境づくりの課題を抱えています。

取り組み

JALグループでは、地域が抱える課題解決に向けたお手伝いとして、海外基地所属の外国人スタッフが一般旅行者目線で地域視察を実施しています*。
WEBなどで対象地域の情報を集めた後、旅行者としてひとりで地域を訪れ、宿泊先や観光施設、交通機関などの多言語によるコミュニケーションほか、地域の受け入れ状況を視察。視察後は課題の整理を行い、「旅マエ」と「旅アト」の印象変化と合せて、家族や友人に推奨したくなる観光資源、地元では気づかなかった地域の魅力についてなど、エアライン業務で培ったホスピタリティを生かした改善策をご提案しています。また、視察報告だけでなく、自国の人々の集客に効果的な海外の旅行イベントや人気旅行サイトのご紹介など、参考となるインバウンド施策のアドバイスも行っています。
当取り組みは2018年に開始。これまでにインド、タイ、ベトナム、フランスの4カ国のスタッフが3カ月ごとに交代で来日し、スタッフの母国を誘客ターゲット国とする地域を対象に、18の地域で実施しました**。また、リクエストに応じて海外文化を知る講習会も実施しています。視察した地域からは、交通機関や施設の改善策に対する進捗報告や、具体的な改善報告(兵庫県豊岡市)もいただき、成果も現れています。

*自治体様などから当社支店を通じたご依頼により調整
**2019年5月末現在

改善事例〔兵庫県豊岡市〕バス停から「コウノトリ文化会館」までの案内板の改善(2019年3月完了)

(改善前)バス停横の「周辺案内地図」と、その先にある「コウノトリ文化会館」の案内板は日本語のみ。

(改善後)案内地図下部に英語表記、その先の案内板は、英語と日本語表記の色調も見やすい案内版に変更。

バンコク基地所属スタッフ「タイ文化講座」