loading

観光振興

三重県 伊勢市

伊勢ならではの新しい旅のカタチ「常若婚」

  • PROMOTION
  • EVENT
  • TOURISM

地元では当たり前のことも、ヒトを惹きつける観光資源に―。
新たな価値を創出し、新観光プログラムを協働開発。

©伊勢志摩観光コンベンション機構

取り組み背景・地域の課題

豊富な海や山の幸などの食材や、伊勢神宮をはじめとする数多くの観光資源がある三重県。2016年のサミット開催地(伊勢・志摩)に選ばれ、世界中から注目されたことを機に、まだまだ知られていない地域資源を世界に発信することや、持続的な発展に向けたポスト伊勢志摩サミット施策を模索していました。

取り組み

三重県の伊勢志摩サミットの成功、そして三重の食と観光を応援しようと、2015年末に三重県と連携協定を締結。三重県と一緒に取り組んでいくなかで、JALは、伊勢神宮で20年に一度行われる「式年遷宮」を象徴する神宮の精神、「常に若く瑞々しいままに永遠に」の意味を持つ「常若(とこわか)」の存在を知り、伊勢の地で永年にわたり育まれている「常若」の精神こそが、この地域に根差す三重県のタカラだと着目しました。

そこで、伊勢市、三重県と協働し、「常若」という地域資源を生かしたプログラム開発に着手。伊勢ならではの新たな旅のカタチとなる新観光プログラム「常若婚」を開発しました。”いつもありがとう、これからもよろしく。” をコンセプトに、人生の節目に大切なパートナーと伊勢を訪れ、互いに感謝し、共に新たな一歩を踏み出す「常若婚」。二人の絆を深める特別なプログラムは、交通機関を問わない伊勢の着地型観光として2017年3月に商品化を実現しました。

地元メディア、機内誌やビデオの機内放映などのJAL媒体を活用したプロモーションを展開し、2017年3月からジャルパックの旅行商品として発売を開始。JAL中部支社を中心に、三重県、伊勢市、伊勢に暮らす地域の人たちと協働し、ここでしか体験できないプログラムの浸透、伊勢のファンづくりに向けた活動など、継続的な観光振興を目指しています。

プレスリリース(PDFファイル 約480KB)

JALダイナミックパッケージ(ツアープラン)「常若婚」

体験したご夫婦からは、「感動的だった」「感謝の気持ちの大切さを痛感した」など好評を得ると共に、 地元では地域の良さを再発見し、常若の精神を見つめ直す機会にもなりました。地域住民も協働して実施することで、地域限定旅行業の推進やおもてなし勉強会の定期的開催など、地域一体となった自主的活動につながっています。

  • 三重県鈴木知事ご夫妻、伊勢市鈴木市長ご夫妻、JAL会長(当時)大西夫妻が体験プロモーションに参加。(2017年4月)体験レポート
地域の声

人生の節目に、大切なパートナーと訪れていただける場所でありたい。そんな想いから、「常若婚」はスタートしました。はるか昔から参宮のお客さまをお迎えしてきた伊勢で、新しい旅の形を提案するという試みは、私たちにとっても大きなチャレンジでしたが、これが実現できたのは、日本航空のご担当者様が地元に飛び込んでいただき、みんなで汗をかいてきたからに他なりません。「常若婚」を伊勢の旅の新しいスタンダードへ。私たちのチャレンジは続きます。JALさん「いつもありがとう、これからもよろしく。」
(伊勢市 産業観光部観光担当理事 須崎充博)

鹿児島県・沖縄県

奄美・沖縄の多様な生物を育む自然環境を守り、観光需要の創出へ!

  • PROMOTION
  • EVENT
  • TOURISM

環境と観光の共存による活性化を目指し、
奄美・沖縄の「世界自然遺産登録」を応援

取り組み背景・地域の課題

鹿児島県奄美群島の一部、沖縄県の一部には、絶滅危惧種のアマミノクロウサギやイリオモテヤマネコ、ヤンバルクイナなど数多くの固有種が生息し、生物多様性保全のうえで国際的にも重要な地域となっています。国(環境省、林野庁)および地元の自治体・企業は、この地域一体の自然環境保全に取り組み、「世界自然遺産登録」を目指すと共に、観光による永続的な地域経済の発展に取り組んでいます。環境省の環境指針行動計画「国連生物多様性の10年」に協働するJALグループは、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の「世界自然遺産登録」を応援し、島々の活性化に向けた活動を2016年より開始
しました。

特別デザイン機「世界自然遺産号」 上段・JTA/下段・RAC
2019年8月31日~2020年2月(予定)

取り組み

それぞれの地域において、鹿児島支店、沖縄支店、およびJALグループ航空会社(JAC:日本エアコミューター/JTA:日本トランスオーシャン航空/RAC:琉球エアーコミューター)を中心に地元と協働し、さまざまな活動を実施しています。
「世界自然遺産登録」を目指す機運醸成に向け、「目指せ!!奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島 世界自然遺産」統一ロゴを使用したさまざまな発信をはじめ、地元啓発活動として、「親子自然教室」や「青少年シンポジウム」などを開催。環境保全活動では、ビーチクリーンや外来種駆除作業、ロードキル防止看板の設置などを実施しています。プロモーション活動では、動画を制作し、機内上映やホームページで公開。機内誌などのJALグループ媒体や機体を活用した世界自然遺産登録応援のメッセージを発信しました。
2019年8月31日からは、JTA、RACにおいて特別デザイン機「世界自然遺産号」の運航を開始。機体には、沖縄県の世界自然遺産普及啓発事業の一環として開催された小中学生対象図画コンクールの最優秀賞作品が描かれています。
交流人口拡大施策では、音楽家・宮沢和史氏プロデュースの着地型旅行商品を企画・開発し、2016年11月の第1弾「奄美の旅」を皮切りに、第5弾「南大東島の旅」(2019年3月)まで実施。JACでは奄美大島−徳之島−沖永良部−沖縄本島の島をつなぐ「奄美群島アイランドホッピングルート」を開設し(2018年7月1日)、ジャルパック商品「JAL・JACで行く奄美大島・徳之島+那覇」などで島々の魅力を堪能できる旅をご案内しています。

また、JALグループは他企業と連携し、世界自然遺産に関する普及啓発、希少種および自然環境の保護、密猟・密輸対策などのさまざまな課題の解決に向け、民間主導の「世界自然遺産推進共同体」を発足。自然環境の活用を通じた地域貢献・地域振興にも取り組み、沖縄および奄美の環境保全と地域振興の循環モデルの確立を目指しています。
JALグループ一丸となって2020年夏の「世界自然遺産登録」を応援すると共に、さまざまな活動を通じて永続的な奄美・沖縄の活性化に向けて継続的に取り組んでいます。(2019年9月現)

  • 3回めとなる「ビーチクリーンアップ」
    (沖縄県東村・平良海岸 2018年3月)

  • 大型サイン設置(沖縄本島北部3ヵ所 2017年10月)

  • やんばるの希少生物保護「ロードキル防止看板」
    (本島の大宜味村、国頭村、東村の標識が無い事故多発場所に設置)

  • 「お散歩トートバッグ」JTA/RAC/JAC機内販売(2017年4~8月)
    ※売上金の一部を環境保全活動に寄付

  • 「夏休み親子自然教室」(奄美大島 2017年8月)

  • 機体に統一ロゴをデカール(JTA/RAC/JAL/JAIR/JAC)
    2016年5月から順次(一部のJTA機、JAC機のみ継続中 ※2019.4現)