loading

観光振興

秋田県 美郷町

相互交流をより深めるために―「タイ文化講座」

  • TRAINING

海外との文化交流による町の発展と、町の未来を支える次世代に向けた文化講座開催

取り組み背景・地域の課題

秋田県仙北平野の南東部に位置する自然豊かな美郷町は、2015年にタイ・ナショナルジュニアバドミントンチームが当町で合宿したことを契機に相互交流を深め、2020五輪ではタイのホストタウンに登録されています。町内で「タイ王国文化展」の開催や、ノンタブリー県(バンコク近隣)の中学生の相互訪問を行うなど、五輪ホストタウンとしての機運を高めるとともに、町民が“自分たちの町”美郷町に誇りを持って活躍できるよう、タイとの文化交流に取り組んでいます。

取り組み

美郷町の地域活性化に向けた連携協定を締結しているJALでは、タイとの文化交流活動の応援として、中学生を対象に、JAL客室乗務員(バンコク基地所属)による「タイ文化講座」を実施(2018年8月)。挨拶、食文化、寺院でのルールや作法のほか、タイでの学生生活の話題を織り交ぜながら、異文化を知ってもらう機会としました。
JALでは、美郷町のオリジナル品種である白色のラベンダー「美郷雪華」のPRや、“清水の町”としても知られる美郷町の水環境保全として町民とともに清掃活動(年1回)を行うなど、JAL秋田支店を中心に、町民と直接交流を行いながら、美郷町の活性化に取り組んでいます。

美郷町との連携事業

「タイ文化講座」には、生徒たちのほかご家族や町関係者の方たちを交え、約50名が参加。特に、タイの寺院での作法は、寺の多い美郷町との文化の違いを知る機会となり、予定していたタイからの中学生受入れ先での対応や住職への注意喚起につながるとともに、タイ訪問(8月)を予定していた美郷中学の生徒たちにとっても現地における注意喚起につながっています。

  • (左)美郷町 松田知己町長/(右)美郷町教育委員会 福田世喜教育長
地域の声

当町における教育交流は、バドミントン交流をきっかけに、タイ・ノンタブリー県の中学生と相互交流が始まりました。生徒間の交流は未来への懸け橋です。生徒たちには、いずれ社会人になってからのスポーツや文化、経済など数多くの新たな展開の可能性が内在し、子どもたちと地域の未来をつくると考えております。日本航空様には提携協定の締結以来、さまざまな面で町の活性化にご協力をいただいております。これからも子供たちの未来に向けて、日本航空様と一緒に取り組んでまいりたいと存じます。(美郷町長 松田知己)

北海道 阿寒湖温泉

最高のおもてなしで感動を!阿寒湖パロコロスタイル

  • TRAINING

地域に暮らす人たちがひとつとなり、
最高のホスピタリティを発揮するために―ワークショップ開催

行動指針アプリ「阿寒湖パロコロスタイル」

取り組み背景・地域の課題

ひがし北海道の中心的な観光地域である阿寒湖温泉では、通過型から滞在型の観光地としてリピーターや外国人旅行者増を目指すなか、地域力を磨き、阿寒湖温泉の未来を築いていく観光人財育成を課題のひとつとしていました。

取り組み

地域に暮らす一人ひとりが、雄弁に阿寒湖の魅力を語れることを目指し、最高のホスピタリティを発揮したい!―。釧路市「観光立国ショーケース」成功に向けたシンポジウムの開催などで釧路市を応援するJALは、阿寒湖温泉のまちづくりに取り組むその熱い想いに共感し、釧路市や阿寒観光協会まちづくり推進機構と共に、コミュニケーション活動「阿寒湖パロコロ運動」の一環となるプロジェクトを開始しました。

JAL客室乗務員をファシリテーターに、地域の接客リーダー層を対象としたワークショップ研修を1か月半にわたり複数回開催。6チームに分れ、それぞれが仲間や仲間の仕事を知り、阿寒湖温泉の強みは何か、来訪したお客さまに感動してもらえるものは何か、阿寒湖温泉らしさとは何かなどを話し合い、課題解決にむけて取り組みました。
そして、このワークショップの成果をもとに、この地域に暮らす全員が「阿寒湖の達人」となるための行動指針「阿寒湖パロコロスタイル」を策定。地域の人たちがいつでも閲覧できるよう、アプリ「パロコロスタイル」も制作しました。(実施期間:2017年11月~2018年3月)

釧路シンポジウム

ワークショップに参加した全員が仲間や地元を見つめ直す機会となり、行政とホテル・土産店・飲食店などの垣根を超え、全員がベクトルを合わせ、阿寒湖温泉をより良くしたいという地域の一体感の醸成につながりました。いつでもすぐに手元で確認できる行動指針アプリは、観光客とのコミュニケーション力の向上と、まちづくりに生かされています。

地域の声

このワークショップでは、阿寒湖のまちづくりを担うさまざまな人たちが「阿寒湖らしさ」について議論を重ね、自らの魅力を深く理解し、お互いに共有し、ほかの観光地と何が違うかに気を配ることが大切だと学びました。この経験を活かし、まちの人たちが自らの言葉で魅力を語り、お客さまを感動させる「阿寒湖の達人」になれればと願っています。今後も日本航空の皆さまと連携できれば有り難いです。(NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構 福井圭子)