loading

地域産業支援

青森県

新技術で復活した伝統の藍染め産業
「あおもり藍」

  • BRANDING
  • PROMOTION
  • SALES

伝統産業・文化の復興にむけた、地域の6次産業化を応援

取り組み背景・地域の課題

染料として知られる藍。青森県では江戸時代から津軽藩士が藍を育て、藍染を生業のひとつとしていましたが、化学染料の普及などで大正期には衰退の一途に。平成に入り、青森伝統の文化を残したい、地域の発展につなげたいという地域の熱い想いで立ち上がったのが、あおもり藍産業協同組合の「あおもり藍」事業。「あおもり藍」は、休耕田を活用して無農薬で育てることから始まった地域ブランドのひとつであり、あおもり藍産業協同組合が独自に開発した染料生成・染色技術のこと。藍の効能(抗菌活性、抗炎症作用など)を生かし、藍を原料とした特産品化を行いながら、農家への還元や雇用の創出に取り組んでいました。

取り組み

東北復興を応援するJALは、6次産業化による地域経済の活性化や伝統産業の復興に取り組む「あおもり藍」事業の応援プロジェクトを2016年3月から開始。食材としても優れた効能がある「あおもり藍」を練りこんで焼き上げた菓子「あおもり藍フィナンシェ」の機内サービス(茶菓提供)や、「あおもり藍」を使用したJALオリジナル商品の開発・販売を実施し、「あおもり藍」のプロモーションを展開。JAL青森支店を中心に、JALグループスタッフによる苗植えや収穫のお手伝いなど、地域資源を育て、磨き、国内外に広めることで「あおもり藍」産業の復興に向けた継続的な活動を行っています。

■「あおもり藍」を練りこんで焼き上げた菓子「あおもり藍フィナンシェ」
・機内サービスの茶菓として提供
・通販カタログ「JAL SHOP」や、オンラインショップ「JALショッピング」で通信販売(2016年11月~12月)

あおもり藍産業協同組合との共同企画・開発商品をJAL国際線で機内販売(2016年11月~2017年2月)
・「あおもり藍 JALオリジナル名刺入れ」 (JAL限定仕様)
・「JALオリジナル セフィーコ(藍エキス消臭スプレー)」(JAL限定仕様)
プレスリリース(PDFファイル 約320KB)

「あおもり藍」公式サイト

「フィナンシェ」は、同種の有名店ブランドの焼き菓子と比べても、遜色なく売り上げを記録。消臭スプレーやオリジナル名刺入れも、メーカーへの問い合わせが増え、機内や通信販売での露出効果も表れており、「あおもり藍」の認知度向上に貢献しています。

地域の声

「JAL 新・JAPAN PROJECT」の一環として、応援を戴くようになった2016年は、「藍染」の分野ではファッションブランドから評価が得られ、「あおもり藍」が知られるようになった時期でした。一方で、この時期に発売した「あおもり藍抗菌・消臭スプレー」は全国的には全く知られていない商品でした。 日本航空の皆さまと一緒に藍畑で植付や刈取を行い、その藍から抽出した成分で製造したスプレーを国際線やイベントで扱うなど、発信を続けてくださり、お客さまからも大変好評を戴くことができました。長い期間のご支援の結果、当商品は、今や組合の看板商材の一つに成長しております。日本航空の皆さまに心より感謝申し上げます。(あおもり藍産業協同組合 代表理事 吉田 久幸)

香川県

太陽の恵みがいっぱい詰まった県認定の果実「さぬき讃フルーツ」

  • BRANDING
  • PROMOTION
  • SALES

高品質な県内産果実のブランドイメージ向上に向けた6次産業化を応援!

キウイ「香緑」を使ったデニッシュパン

取り組み背景・地域の課題

香川県認定の高品質な果実「さぬき讃フルーツ」。地域ブランドのひとつで、「さぬき讃フルーツ」に指定されるのは、糖度などの一定の品質基準を満たした果実だけ。濃厚で上品な甘みをもつ果実ですが、全国的な認知度向上、ブランドイメージ向上を課題としていました。

取り組み

2016年、JALは高品質なこの県内産果実に着目。JAL高松支店を中心に、香川県、JA香川県と協働し、「さぬき讃フルーツ」のブランドイメージ向上を目指すプロジェクトを開始しました。「さぬき讃フルーツ」を多くの方に知ってもらい、味わっていただこうと試行錯誤を繰り返し、その第1弾が2018年3月に誕生。フランスの伝統的なパン製法を守るメゾンカイザーの協力を得て、キウイフルーツ品種「香緑」を使用したデニッシュパンを開発し、JAL空港ラウンジでの提供をはじめ、JALグループの空港店舗「BLUE SKY FLIGHT SHOP」(羽田空港)で期間限定の試食販売やメゾンカイザーの首都圏店舗で販売、機内誌などのJAL媒体を活用したプロモーションを展開しました。
高品質メーカーとのコラボレーションを通じ、「さぬき讃フルーツ」を使用した商品開発、販売、プロモーションを継続的に行い、国内外に広める活動を行っています。

羽田空港国内線ダイヤモンドプレミアムラウンジでご提供(2019年6月実施)(PDFファイル 約507KB)

第4弾 2019年3月 キウイ「さぬきゴールド」のフルーツパイ(PDFファイル 約1.02MB)

第3弾 2018年12月 キウイ「さぬきゴールド」フレーバーの「銀座千疋屋Premium コロロ」(PDFファイル 約635KB)

第2弾 2018年7月 いちご「さぬきひめ」100%のピューレを使用したソフトクリーム(PDFファイル 約320KB)

第1弾 2018年3月 キウイ「香緑」のデニッシュパン(PDFファイル 約1.5MB)

・空港ラウンジでの提供、ブランド力の高いメゾンカイザーとのコラボレーションにより、高品質な食に関心の高い層から好評を得られ、「さぬき讃フルーツ」のブランドイメージ向上に繋がっています。メゾンカイザーが国内産果実を使用したパンを販売することは初。香川県の高品質な食材に注目したメゾンカイザーでは、香川県産の厳選されたオリーブオイルをメゾンカイザーのオリジナル商品として発売予定。当プロジェクトは、新たな出会いにもつながっています。
・「さぬきひめ」ソフトクリームは、外国人旅行者が多い皇居外苑楠公像前売店でも販売。1つ600円の高単価ながら販売数約1,500個以上を記録。外国人へのブランド訴求にも貢献できています。

  • 第2弾「さぬきひめプレミアムソフトクリーム」
  • 第3弾「銀座千疋屋Premiumコロロ」
地域の声

本取り組みでは、商品開発から販売に至るまで、JAL高松支店をはじめJALグループの皆さまにご支援いただきました。今回のような高品質メーカーとの連携や発信力の高い日本航空様の媒体でのPR・販売活動は、地方の産地や行政だけでは難しいものです。今後とも、上質な香川の県産品の魅力がより多くの方々に伝わるよう、連携して取り組んで参りたいと思います。(香川県県産品振興課 亀井裕美子)

兵庫県 川西市

兵庫県川西特産いちじく「朝採りの恵み」を収穫当日に東京で特製タルトに!

  • PROMOTION
  • SALES
  • BRANDING

阪神間の限定地域に流通される希少な川西市特産品のブランド化を応援

兵庫県川西特産いちじく「朝採りの恵み」

取り組み背景・地域の課題

現代いちじくの発祥の地といわれる兵庫県川西市。川西特産いちじくは、完熟したいちばん美味しい状態で早朝に収穫することが特徴で、「朝採りの恵み」の愛称で親しまれています。しかし完熟で収穫したいちじくは早めに食すことが望まれるため、流通は阪神間の限定地域のみとなっていました。そこでJALは、川西特産の美味しいいちじくをもっと多くの人にも知ってほしいという想いから、収穫当日に関東圏で食せる機会を創ろうと、「朝採りの恵み」のブランド化プロジェクトを開始しました。

川西特産いちじく「朝採りの恵み」とチョコレートクリームのタルト

取り組み

いちばん美味しい状態のいちじくを食べてもらいたいー。毎日早朝から収穫する農家の皆さんの努力と想いが支える「朝採りの恵み」。この完熟いちじくを、収穫当日に東京でタルトとして商品化、販売しようと、川西市農業振興研究会、兵庫県川西市、JA兵庫六甲、および、旬のフルーツを使用したこだわりのタルト専門店「キル フェ ボン」(ラッシュ㈱)と共にプロジェクトを開始しました。

川西市が大阪伊丹空港に近いことから、川西市内の農園で早朝に収穫した「朝採りの恵み」を、大阪伊丹空港午前発のJALの定期便を利用して東京へ空輸し、銀座と青山の「キル フェ ボン」店舗に直送。収穫したその日のうちに特製のタルトをつくり、当日午後に販売するというスピード性を実現しました。とろけるほど柔らかく、瑞々しい果肉の「朝採りの恵み」をたっぷりと使い、チョコレートクリームとあわせた絶品の特製タルトは、「キル フェ ボン」で7日間の限定販売。販売期間中は、毎日「キル フェ ボン」の公式FacebookやInstagramのストーリーズ機能を通じて販売状況や販売開始時間をご案内しました。雨天の時はいちじくの収穫ができないため、生産者の方や関係者にとってこの7日間は格別です。
「朝採りの恵み」の収穫最盛期の一定期間に行うこの取り組みは、2019年夏に続き、今夏(2020年)も展開し、川西市の地域産業振興を目的に、継続的に取り組んでいます。

「朝採りの恵み」生産農家
山口 義典さん(川西市加茂地区)

「朝採りの恵み」という名前の由来になっていますが、毎日、夜中から明け方にかけて収穫するのが川西特産いちじくの特徴でもあります。今回の朝採れを東京へ空輸して知名度を上げるという計画を伺って、大変、作業の励みになりましたし、お声がけを頂戴した以上、もっと良い品質を目指したいという気持ちにもなりました。今後も継続的に地域振興に貢献したいと思います。

JA兵庫六甲 川西営農支援センター
冨士原 登志浩さん

まずは天候にも恵まれて、連続7日間出荷することができてホッとしています。川西市のいちじくは果物のなかでも引き合いが多く、これまでは地元で流通していましたが、日本航空さまからお話を頂き、全国のみなさまに知っていただけるいい機会になり、感謝しています。今後も行政(川西市・川西市農業振興研究会)と民間(JA兵庫六甲とJAL)が一緒に手を取り合ってブランド化に取り組んでいきたいと思います。

昨夏に続いて実施した今回(2020年度)は、銀座では期間中1日あたり約6ホールを販売し、早い日では1時間ほどで完売するほど大人気を得ました。雨天では収穫できないため、貴重な最盛期のなか今年は天候にも恵まれ、連続7日間実施することができ、「キル フェ ボン」のタルトを通じて、川西特産いちじく「朝採りの恵み」の知名度向上に一定の効果を得られています。

  • 早朝のいちじく収穫の様子

  • いちじくが痛まないように開発された「ゆりカーゴ」詰め(左側)

  • 大阪伊丹空港にて、空輸用のコンテナへ

地域の声

川西の地で、農家の皆さんが大切に育て一番美味しいときに収穫する完熟のいちじく「朝採りの恵み」は、私たちの宝です。日本航空様のご支援、ご尽力により、この自慢のいちじくを関東の皆さまにもご賞味いただけるようになりましたこと、心から感謝しております。これからも日本航空様と連携し、川西市といえばいちじく「朝採りの恵み」と言っていただき、本市の魅力に関心を持っていただけるよう発展させていきたいと考えております。(川西市長 越田謙治郎)